下ところの取扱の種類

土壌のベネフィットは、更地の有様を絶対とすると、借地他人がいると、そのベネフィットは下場って借地特権にわかれた状態になります。
借地他人がいる結果、持ち主といったいえども自由に利用したり処分することができないので、借地特権のベネフィットは思った以上に高くなります。
 具体的には、国税庁がルート価と共に、域ごとの借地特権レートを公表していますが、借地特権半分というと、持ち主の下地権って借地人の借地特権のベネフィットは半分ずつです。

 なので、土壌を圧倒的見てくれにするためには、下場ないしは借地特権の受け渡しにて、片側がもう片側を仕入れる戦法があります。ただし、そのためには受け渡しの資金が必要なので、借地特権の買戻しを等価入れ替え方法で立ち向かう場合もあります。
 土壌全体を二つに分けて、AとBにします。Aの上の借地特権といった、Bの下場を交換する結果、それぞれがAの圧倒的持ち主とBの圧倒的持ち主になります。
 双方が交換したリバティーのベネフィットが同じであれば、等価入れ替え方法で、タックスの心配もありません。